MENU

行為の前に飲むというものではない

レッドドラゴンはとにかく効果があるということで、ネットでは騒然というレベルで人気が高まっています。精力剤業界が今注目する主成分を黄金比率で配分し、しかも特許まで取得しているので、ほかでは体験できない効果があるのです。

 

そんなレッドドラゴンはどんなタイミングで飲むことで、その効果・効能を最大限に引き出せるのかという質問がよく寄せられます。それについて、ここで答えたいと思います。

 

まず、この質問には大きな誤解があります。レッドドラゴンはバイアグラなどの医薬品とは違い、即効性はありません。勃起薬とも呼ばれるバイアグラはセックスの前1時間程度に飲むと、ちょうどよく勃起するようですね。これには即効性があるので魅力があるわけですが、そのかわり持続性がなかったり、心臓に負担がかかるなどデメリットも多いです。

 

一方、レッドドラゴンの方はというと、天然素材で作られているため、体への負担はありません。副作用がまずないと言ってもいいほどで、至極安全な精力剤なのです。ただ、逆にデメリットと言えるのかどうかは別ですが、即効性はありません。メーカーでも推奨しているのが最低でも90日間は飲み続ける必要があります。体を根本的に改善していき、勃起不全(ED)や勃起力不足の悩みを解決していくというものです。

 

ですので、セックスの前に飲むといいというものではなく、常用しているとそうしているうちに改善されているというのがこのレッドドラゴンの飲むタイミングなのです。その点をしっかり理解しておいてください。即効性があると思って服用しているとがっかりするかと思います。気長に取り組む覚悟をまずは決めておいてください。

 

1日のうち何時に飲めば効果がある?

飲み方はメーカー推奨もあるでしょうが、基本は1日に6錠を毎日服用します。その際に多いのが、朝食昼食夕食のそれぞれの食後に2錠ずつ飲むというケースです。レッドドラゴンも薬のひとつですから、6錠も一気に飲むのは案外きついものです。継続することが大切ですから、まずは小分けに飲むようにした方がいいのかもしれません。そして、小分けにしすぎると忘れやすくなりますから、それぞれの食事のあとに2錠ずつというのがいいのかもしれません。

 

気をつけたいのは、効果を期待して推奨の6錠を超えて飲み続けることです。継続に意味があるので、一気に飲んだところで効果が出現するのが早まるわけではありません。場合によっては体の負担になるのでそれだけはやめておきましょう。

 

それであれば、生活を改める方がレッドドラゴンの効果を早める可能性があります。EDなど勃起力低下は多くの場合なにかの原因によって引き起こされる、血流の悪さです。勃起はとにかく血の流れが必要ですから、血流をよくすることが重要です。レッドドラゴンはその効果も期待できるのですが、自発的に生活を改める、つまり健康的な生活を送って根本的に体を健康にすることも大切なのです。これにより、レッドドラゴンとの相乗効果でより早く効果が現れるかと思います。
そうなると、先の3食それぞれで飲むというのも実は大きな意味があります。健康な体を作るには食事は欠かせません。食べ過ぎはいけないですけど、朝食を抜いたりなどがないようにすることで健康になるわけですから、レッドドラゴンの服用タイミングがそれを制御してくれることになるわけです。
レッドドラゴンはとにかく毎日、まずは90日間を目標に飲んでいくようにしましょう。