MENU

ED対策を練るには基本的なことを知っておくべき

レッドドラゴンなど、精力剤を使うことで勃起不全(ED)を解消することは可能です。しかし、まずEDがなぜ起こるのか、そのメカニズムを知っておかなければ対策の練りようがないですし、どんな精力剤が自分に向いているのかがわからないでしょう。ここでは、EDについて簡単に勉強しておきましょう。

 

まず、EDは昔はインポテンツと呼ばれ、現在は勃起不全、勃起障害、勃起機能障害などとも呼ばれています。性的に興奮しているのに勃起しない場合や、勃起はしても長く維持できない場合がそれに当たります。よく誤解されるのは単に勃起しないだけだということですが、それは違います。勃起してもセックスを10回して7回は射精に至らない、つまり、それまで勃起を持続できないのもEDと診断される基準だとされます。

 

EDがそもそも起こる原因は加齢による肉体的な衰えや生活習慣病、ホルモンバランスの変化があるほか、過度なストレスや乱れた生活パターンなどの原因が考えられます。

 

勃起というのは性的興奮を受けて陰茎の海綿体に大量の血液が流れ込み、海綿体の圧力が高まり、膨張して固くなる男性の生理現象です。このときに血流が十分でないと勃起が正常でなかったり、持続が困難になってしまいます。加齢や病気による肉体的な原因で血流が弱くなることもあれば、ストレスなどで性欲が正常に処理されていないなど、いろいろな要因で発生するものです。
これがEDの全体的なメカニズムです。

 

EDに精力剤が効果のある理由

EDは近年では若い層にも起きることがわかっています。かつては加齢によるものだと考えられてきましたが、10代や20代前半でもEDになる人もいるのです。精神的な問題や性的興奮がうまく起こっていないなどが考えられます。

 

こういったEDは治療薬や精力剤でよくなることも多いです。治療薬ですとバイアグラなどがありますが、副作用の心配や、根本的な解決をしていないので、一時的に勃起する程度でしかありません。それでも、一時的にでも勃起をすればセックスも行えるので、こういった治療薬は需要は減りません。

 

精力剤は様々なものがありますが、人気なのは副作用の心配がきわめて少ない天然成分を利用した精力剤です。こういった天然素材を利用している場合、即効性は期待できません。また、効き目が強くないので、人によっては効果が実感できないということもあるでしょう。

 

ただ、効果があってもなくても、精力剤を飲むという行為自体に意味があるという人もいます。精神的な原因の場合、男性としての自信を失っているケースがあり、飲んだという事実が自己暗示的に自信を取り戻させてくれることもあるのです。

 

そんな場合に選びたいのがレッドドラゴンです。まず、特許を取った主成分の黄金比率という実績。実力派の精力剤を飲んだという事実が自信を蘇らせてくれるかもしれません。

 

そして、90日間の保証制度。それから、初回65%オフの割り引きなど、実力、価格共に今が買いの精力剤です。利用を始めた人の実に91%以上のユーザーが継続的に服用しているほどで、数ある精力剤の中ではまずこれが現時点でトップクラスのものであると言えるかと思います。そんな精力剤を飲むことで本来の効果はもちろんのこと、精神的なプレッシャーから解放され、男性自身が勝手に復活することもありえます。

 

EDは精力剤で治療することは不可能ではありません。その際に、天然由来で安心のレッドドラゴンを選択するべきです。